事業内容
眼鏡製作販売
各種コンタクトレンズ
低視力補助具
弱視教育相談
各種関連品取扱い
乳児(0歳)から大人までの眼鏡を取り扱っています。
ら(羅)眼科での処方箋を元に最も適した眼鏡選びをお手伝いさせて頂きます。
小児用眼鏡
眼の発達期を逃してしまうと、眼鏡をかけても視力は向上しにくくなります。
その大切な時期の眼の成長を促す眼鏡や関連商品を各種取り揃えております。
ジュニア用眼鏡
学校で黒板などの文字が読みにくく、勉強がはかどらない理由になる場合も多いようです。
学校生活に適したかけやすく、デザインに優れた眼鏡をお選びいたします。
一般用眼鏡
機能とデザインを両立させた眼鏡を取り揃えております。
眼の状態を考慮し、見た目にも気を配った大人の眼鏡をご案内いたします。
遮光眼鏡
遮光眼鏡は眩しさの要因となる波長光を効果的にカットし、それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた医療用レンズです。ぼやけてしまう物体の輪郭を、まぶしさを取り除くことでくっきりさせ、コントラストを高めます。すべての範囲での光をカットするサングラスはすべての範囲での光をカットしますが、遮光眼鏡はまぶしさの原因となる光をカットすることで、通常のサングラスよりもまぶしくなく、また明るく自然な視界を確保できます。
眼鏡で視力を正しく矯正しても字や物が見えづらく、さらに拡大して見たい方向けにルーペなどの補助用具を用意しております。
眼科での検査を元に倍率やタイプを決めています。
補助用具で今の視力を最大限活かしましょう。
栄養補助食品等、眼をサポートする様々な商品をご用意しています。
営業時間 月・火・水・金曜日 9:00〜18:00
土曜日 9:00〜12:00
定休日 木曜日・日曜日・祝祭日及び土曜日午後、ら(羅)眼科休診日
注)木曜日は休業とさせて頂きます。
小児弱視等の治療用眼鏡等に係る医療費の支給について
弱視などの子供が治療用に使う眼鏡やコンタクトレンズの購入代金について、平成18年4月から公的医療保険が適用されました。

適用とされるのは、9歳未満の子どもが使用する、「弱視、斜視、先天性白内障術後」等の治療に必要だと医師が判断し処方した眼鏡やコンタクトレンズに限ります。

申請出来る期間(間隔)に関しては、厚生労働省から出された通知によると、
「5歳未満の小児に係る治療用眼鏡等の更新については、更新前の治療用眼鏡等の装着期間が1年以上である場合のみ支給対象とすること。」
「5歳以上の小児に係る治療用眼鏡等の更新については、更新前の治療用眼鏡等の装着期間が2年以上である場合のみ支給対象とすること。」とされています。

各保険者により対応が異なることが考えられますので、詳細はご加入の保険者にお問い合わせ下さい。

眼鏡等のご案内時にエスパティオ光学にて必要な書類等のご説明をさせて頂きます。
眼鏡保険給付について
PDFをご覧になるにはAdobe社の Adobe Reader が必要です。下のボタンからAdobe社のサイトより無償でダウンロードできます。

Adobe、Adobeロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。
第50回日本視能矯正学会 ポスター展示
MAIL | HOME | 反転ページHOME
当サイトはJavaScriptが有効なブラウザで快適にご覧いただけます。
Copyright(C)2007 Ra-Eye-Clinic.All Rights Reserved.